婚活ハック

【婚活】マッチングアプリで女性に嫌われるメッセージ内容6つ

マッチングアプリでマッチングすると次は女性とのメッセージのやり取りが始まります。

 

でも、これがなかなかうまくいかずメッセージの会話がはずまないと悩む人も多いです。

 

マッチングアプリでは初対面の人とやり取りをするので相手の女性と性格や相性があわないということもあります。

 

ですが、メッセージのやり取りをはじめても毎回すぐにダメになってしまうという場合は知らず知らずのうちに女性が嫌がることをしている可能性もあります。

 

そこで今回はマッチングアプリのメッセージで女性が嫌な印象を受けるメッセージの失敗について実際の例を交えてお話しますね。

 

 

 

【マッチングアプリのメッセージで失敗する6つの内容】

 

 

 

①どうでもいい報告

 

「きょうは焼きそば食べたよ」「これからジムだよ」といった特に意味のないメッセージ。

 

これが「今日のランチは何食べたんですか?」「今何してるんですか?」という相手からの質問の答えなら問題ありません。

 

ですが、自分からいきなりこれだけを送るのはNGです。

 

すでにつき合っているカップルでのやりとりなら会話が膨らむかもしれません。

 

でも、マッチングアプリで出合ってまだそれほど親しくない間柄だと受け取った相手は「え?それで?」となり返信内容に困ります。

 

また、「きょうも仕事頑張ったよ!」「仕事疲れたよ~」といった励ましや褒め言葉を期待するメッセージもやめたほうがいいです。

 

相手に少しでも面倒くささを感じると女性はメッセージのやり取りをする気がなくなってしまいます。

 

②自己満足の質問

 

マッチングアプリの男性の中には女性が話題をふってくれているのにそれを全部無視して自分の聞きたいことだけ聞いてくる人がいます。

 

また、自分が質問して相手がそれに答えてくれたのにそれに対して「そうなんですね」と一言で終えてしまってまたすぐ次の質問をするなどほとんどスルーといっていいような対応をする人がいます。

 

当然ですが、こういったコミュニケーションがとれていない自己満足のやりとりは女性に嫌われます。

 

③上から目線

 

マッチングアプリのメッセージのやり取りでは謎の上から目線の男性というのが存在します。

 

メッセージを始めてちょっとやり取りしてから「オレとのメッセージ楽しんでる?」と聞いてみたり、デートの場所決めなどで相手を優先して「オレってすごく優しくない?」と言ってみたり。

 

本人は会話を盛り上げたりネタのつもりかもしれませんが女性からすると感じが悪く面倒だと思われてしまいます。

 

④家に誘うようなメッセージ

 

「仕事で疲れたから家で癒して欲しい」や「家で手料理食べたい」というメッセージ。

 

デートを重ねて距離が縮まっているならいいですが、メッセージのやりとりをはじめたばかりで送るのは絶対NGです。

 

すぐに家や個室に誘うと女性はヤリモクだと思って警戒してしまいます。

 

なので、たとえ悪気がなく「そうなったらいいな」「早く仲良くなりたい」というつもりでもこういったメッセージは絶対に送らないほうがいいです。

 

⑤他の女性の悪口

 

マッチングアプリでは同時に何人かの相手とやり取りしている人も多いです。

 

それ自体はふつうですが、その際に他の女性の悪口を言うのはよくありません。

 

そういわれた女性は「私も他のところでそう言われているんだろうな」と感じます。

 

また、「○○さんは他の人と違って素敵ですね」と他の女性と比べるのもNGです。

 

一見相手を褒めているようですが誰かと比べられて良い気分になる人はいません。

 

⑥政治宗教の話題

 

接客業などをしているとよく言われることですが、政治や宗教の話題は人によってはとてもセンシティブな内容なので持ち出さないのが無難です。

 

政治などは人によって考え方や思いいれも違うので、たとえ自分が尊敬する人だとして政治家や政治的な歴史上の人物を話題にあげるのは避けたほうが無難です。

 

また、エリート系の男性の中には相手の知識の度合いを知ろうとあえてそういった話題をふる人もいますが、試すようなことをされた女性はいい気持ちはしません。

 

 

 

【まとめ】

 

 

 

マッチングアプリの初期のメッセージのやりとりで女性が見ているのはその人とふつうに気持ちよくコミュニケーションがとれるかです。

 

そのため、「面倒」「嫌な感じ」と思われた瞬間にデートどころかメッセージのやり取りすらしたくなくなってしまいます。

 

変に盛り上げたり何かをアピールしたりしようとせずまずはきちんと相手の話を聞きコミュニケーションがとれているか確認するのが大事ですよ。