コラム

【婚活】マッチングアプリで写真と違う人がデートに来た時の対処法

 

マッチングアプリの初デートはドキドキするものですが、そんな気分を一瞬で吹き飛ばしてしまうのが待ち合わせ場所にアプリの写真とは全くの別人が現れたとき!

 

全然タイプじゃない、帰りたい・・・とは思いつつも、会った瞬間にお断りするのは気まずいからひとまず穏便にやり過ごしたい・・・とも思ったり。

 

そこで今回はマッチングアプリで写真とは似ても似つかぬ男性が来たときの対処法についてお話しますね。

 

 

 

【「写真と違う」はよくあることと心得ておく】

 

そもそもですが、マッチングアプリの出会いでは会ってみたら写真と別人だったということはよくあることです。

 

ほとんどのマッチングアプリが写真もプロフィールも自己申告です。

 

それにマッチングアプリは写真がよくないと会える確立がいっきに減るので奇跡の一枚やもはや別人の写真詐欺といってもいいくらいのイケメンの写真を載せている人もいます。

 

そのため、実際に会ってみたら本人が写真と違いすぎて愕然とするということは確かにあります。

 

もちろんがっかりはしますが、「マッチングアプリではそういうこともある」と心に留めておくだけで衝撃は減らせますよ。

 

 

 

【会ったら別人だった時の一番無難な対処法】

 

 

 

マッチングアプリの初デートに写真とは別人の男性が来た場合どうするか?

 

これは人によって意見が分かれるところで、中には

 

・待ち合わせ場所に早めに行って相手の様子を見て写真と別人だったら会わずに帰る

・会った瞬間に断って帰る

・会ってちょっと話した後、トイレに行くふりをしてそのまま帰る

 

なんていう人もいます。

 

ただ、これはさすがに人として礼儀に欠けるところがありますよね。

 

相手の男性にも不快な思いをさせてしまいます。

 

マッチングアプリでこれまで相手とどういうやりとりをしてきたかにもよりますが、なにかしら自分の個人情報が知られている場合はトラブルになったり後々心配がつきまといます。

 

そのため、マッチングアプリの初デートに写真と違う別人が来た場合の対処法では

 

この2時間だけ耐える!

 

というのが穏便にその場をやり過ごせる最も無難な方法です。

 

そのため、マッチングアプリの初デートでははじめから1~2時間のお茶程度の約束にしておくといいです。

 

もし食事や飲みの約束をしてしまっていてもお店の予約などをしていないなら当日その場で行き先をカフェに変更して軽く済ませるというのもありです。

 

その場合は「風邪気味で気分が悪くて食欲がない」などの理由をつけるのがいいですよ。

 

 

 

【時間きっちりで帰るために】

 

 

 

とはいうものの、タイプでもなく話していても魅力を感じない相手の場合、2時間もとても長く感じてしまうものです。

 

そこで時間が着たらきっちりすぐに帰れるように工夫します。

 

方法はいくつかありますが、一番簡単なのはこの後に別の予定が入っていると伝えておくこと。

 

急用が入ってしまったので○時にはお店を出ないといけないと伝えておくときっちり時間通りで終わらせられます。

 

それを言うのが気まずい時はスマホのアラームをセットしておき電話がかかってきたように見せます。

 

急用が入ってしまったので、ということで時間がきたらサッと切り上げます。

 

もし頼めるなら友達などの時間を伝えて実際に電話してもらうのもありです。

 

 

 

【早めに切り上げたい時はこれ】

 

 

 

どうしても、1~2時間の会話も耐えられない・・・という時は体調不良を理由に早めに切り上げます。

 

この手を使う時はできれば相手に会った時点から「実は今日は体調が悪くて・・・」と伝えておくのがベスト。

 

食事も控えめにしてお茶だけにするなど、「気分がすぐれない」というアピールをしておくといいです。

 

 

 

【写真と別人とのデートで気をつけること】

 

 

 

マッチングアプリで写真と本人が全く違うという人の中にはヤリモクとよばれる体目当ての男性もいます。

 

イケメンなど見た目の良い写真で女性の気をひいて早く会うためです。

 

なので、初対面の人と会う時はもちろんですが、特に写真と本人が違うなど明らかに不信感を抱くようなことがある時は2人きりになるような場所にはいかないように気をつけます。

 

居酒屋の個室やカラオケ、相手の車など人目のないところに誘われた時は断りましょう。

 

また、人目のある場所でも体を触ってきたり密着してきたりする時はしっかりと拒否することです。

 

そういったことがあまりにひどいならそれを理由に早く帰るのもありです。

 

 

 

【時には中身がイケメンということもある】

 

 

 

と、ここまで嫌なことばかり書いてきましたが、時には話してみたらすごく素敵な人だったという場合もあります。

 

写真と実物の落差が大きいとあった瞬間にやる気をなくしてしまいがち。

 

ですが、話してみたら実はハイスペ男子だった、ユーモアがあって話がおもしろい、優しくて紳士的など見た目からはわかならい魅力を持っている人もいます。

 

顔だけで判断して即お断りをしてしまうと良い人との出会いをみすみす逃してしまうこともあるので気をつけたいところです。

 

 

 

【まとめ】

 

 

写真と実物が違うというのはマッチングアプリではよくあることなので最初から期待しすぎないことが大事です。

 

その点を確認することもマッチングアプリの最初のデートのポイントだと心得ておきます。

 

あまりに写真と差があるとその場で断りたくなることもありますが、相手に不快な思いをさせると後でトラブルになることもあるので、できるだけ穏便にすませるほうが安心です。

 

話してみたら素敵な人もいるので1~2時間のお茶くらいはしてみて様子をみるのがおすすめです。