コラム

【専業主夫希望】アプリを使った婚活で主夫になる方法7つ

こんにちは、婚活ライターMです。

「婚活アプリで主夫になれるの?」
「主夫になる方法を知りたい」

という考えや疑問を持つ人が増えているみたいです。

そこで専業主夫を希望している人におすすめしたい、アプリを使った婚活で主夫になれる方法を紹ます。

アプリで主夫になる方法①「家事全般を行う」

近年の男性は、主夫に憧れている人もたくさんいるような話を聞きます。

主夫になるためにはいくつかの条件があり、そのひとつに挙げられているのが「家事全般」です。

現代社会では、女性が仕事をすることが一般的になりましたので、主婦になる男性は家事全般を請け負うことになります。

もちろんその辺りは話し合いにもなりますが、仕事で忙しい女性のサポートをするためにも、家事の全てを行える方が安心できるのではないかと思います。

アプリで家事ができることを主張する

男性の中には、マッチングアプリを使った婚活をしている人もいるでしょう。

マッチングアプリの中には、結婚に特化したものもありますので、実際に確認しておくといいでしょう。

自分に合ったマッチングアプリが見つかったら、早速書き込みをしてみましょう。

プロフィールや掲示板など、どのようなものでも構いません。

自身が家事全般が得意なことを、しっかりアピールするのです。

プロフィールの記入例

マッチングアプリに登録したら、すぐにプロフィールを記入してください。

プロフィールは女性にアピールできる大切な点になりますので、しっかり書くようにしましょう。

その際の書き方ですが、「初めまして、専業主夫を目指しています。家事全般が得意ですのでよろしくお願いします。」、「専業主夫を目指しています。家事全般ができますので良かったらアクセスしてください。」などです。

掲示板にも記入する

家事全般のことはプロフィールだけでも構いませんが、出会い率を高めたいのであれば、掲示板などにも記入することをおすすめします。

掲示板に記載することはプロフィールと同じでも構いませんが、あまり長すぎるのはNGです。

女性は多くの男性のメッセージを見ますので、その中から興味を持ってもらう必要があります。

ダラダラと長い文章になると、女性は次へ移ってしまうかもしれませんので、一言で分かるように工夫をしましょう。

プロフィールの内容
  • 家事全般ができることをアピールする
  • 掲示板にも記入する
  • 掲示板は短く分かりやすいようにする

専業主夫が行う家事全般とは

専業主夫になると家事全般を行うことも多くなりますが、どのような家事を挙げることができるのでしょうか?

それぞれの家庭によって異なりますが、掃除や洗濯、食事の用意やアイロンがけ、お皿洗いなどが一般的ではないかと思います。

ひとり暮らしが長かったり、キレイ好きであったりすれば、掃除や洗濯などは、ある程度は行えるでしょう。

毎日の料理も専業主夫には時間がありますので、料理本やウェブサイトなどをチェックして、少しずつ上手になっていくはずです。

アプリで主夫になる方法②「子供の世話」

専業主夫になるためには様々なことを行う必要がありますが、家事全般以外にも行うべき事柄があります。

そのひとつが子供の世話です。

子供がいなければ特に問題にはなりませんが、再婚などで子供がいる方は注意をしておきましょう。

子供の世話についても、主夫である旦那さんが担当することが増えるからです。

子供がいることを知らせる

マッチングアプリを使って婚活する際には、子供のことも話題にしなければなりません。

お互いに子供がいる場合や、どちらか一方だけに子供がいる場合など、様々なケースが考えられます。

男性に子供がいるときは、その点もしっかり伝える必要があります。

交際し始めてから、実は子供がいることが発覚すると、女性は引いてしまうかもしれないからです。

そうならないためにも、最初からアブリ内でお知らせしておくと良いでしょう。

奥さんに代わって子供の面倒を見る

子供のお世話になると、宿題のチェックや学習塾の送迎、学校で渡されたプリントチェックやPTA活動、子供会など、実際には様々なことがあります。

一家の大黒柱となって家計をしっかり支えている奥さんに代わり、子供の面倒を見るのは必然的に主夫になってくると思います。

パパはとても大変

例えば子供が学校から帰ってきて、「パパ一緒に公園に行こうよ」などと言われることもあるでしょう。

反抗期であれば、「パパはどうして働いてないの?」などと聞かれることがあるかもしれません。

そんなときは、堂々と胸を張って専業主夫のことを主張するのが一番です。

「専業主夫っていうのは、お家のことを全てやっているんだよ」と説明してあげるといいでしょう。

女性がホッとできるメッセージ

専業主夫は子供のお世話もありますので、その点についてもプロフィールや掲示板などに書いておくといいと思います。

女性の中には、子供のことを気にしている方もいると思います。

そんな人が見たときに、ホッとできるメッセージを書いておくと良いでしょう。

アプリで主夫になる方法③「奥さんの愚痴」

専業主夫になるためには様々な点をクリアする必要がありますが、「奥さんの愚痴」も越えなければいけないハードルのひとつです。

簡潔に言えば、「奥さんの愚痴を聞く」ことです。

奥さんが呟く愚痴を、旦那さんがしっかり聞いてあげるようにしてください。

奥さんの愚痴聞きも主夫の役目

奥さんによって内容は違ってくると思いますが、中には毎日愚痴を言う人もいるはずです。

どんなにバリキャリが増えてきたとは言っても、職場や職種によっては、まだ男社会の現場が意外にも多いものです。

もしかしたら奥さんは、職場の人から「君の旦那さん主夫なんだってね?」などと、パワハラまがいなことを言われているかもしれません。

そんな仕事のストレスがあると、愚痴のひとつも言いたくなるでしょう。

愚痴聞きをアピールしましょう

マッチングアプリで知り合った女性から、「私の愚痴をしっかり聞いてくれる?」など聞かれるかもしれません。

そんなときは「いつでも愚痴を聞いてあげるよ」、「何でも言って」などとアピールすると、仲良くなれるかもしれません。

愚痴を聞かずに奥さんがストレスを抱えたままだと、夫婦関係はギスギスしてしまいます。

アプリで主夫になる方法④「各種の手続き」

専業主夫が行うことは多種に及びますが、各種手続きも忘れてはいけません。

例えば、税金の支払いや書留の受領、光熱費の手続きなど、様々なことが挙げられ、生活をしていくためには各種手続きなどもしなければいけません。

奥さんが仕事で印鑑証明書や住民票が欲しいと言ったら、市役所に出向いてもらってくるといったことも必要です。

平日の日中に動けない奥さんであれば、尚更のことだと思います。

その点についても、しっかりアピールしておきましょう。

アプリで主夫になる方法⑤「料理について」

専業主夫になると家事全般をすることになりますが、料理も大切です。

自分が料理好きであれば、その点もプロフィールなどに書いておけば良いと思います。

目立つように、赤字で大きく書くと効果があるかもしれません。

アプリで主夫になる方法⑥「息抜き」

専業主夫は、ちょっとした息抜きも必要です。

家事や子供の世話など様々なことをこなしたら、自由な時間があっても特に問題はありません。

もちろん生活費の全てをつぎ込んでのギャンブルや浮気はNGですが、自分のお小遣いの範囲内でできる趣味程度のものであれば構いませんし、奥さんも許してくれるでしょう。

プロフィールや掲示板に、自分の趣味を書いておくと良いでしょう。

アプリで主夫になる方法⑦「時間管理」

専業主夫は、時間の管理も大切です。

特に子供がいる人は、毎日しっかりと時間の管理を行う必要があります。

相手の女性も、時間管理できる旦那さんを探しているかもしれません。

その点も認識しておくと良いでしょう。

専業主夫におすすめの婚活アプリ

専業主夫を希望している男性の中には、自分に合った婚活アプリを探している方もいるでしょう。

そんな人におすすめしたいのが、「ブライダルネット」です。

ブライダルネットについて

ブライダルネットは、一部上場企業のIBJが運営しているマッチングアプリです。

https://www.bridalnet.co.jp/

ブライダルネットの人気の秘密

ブライダルネットは、東証一部上場の株式会社IBJが運営しているのが特徴です。

日本最初の結婚サイトでもあり、2000年にスタートしました。

運営実績とノウハウに優れていますので、それが人気を呼んでいます。

ブライダルネットは、サイトの会員数を無闇に増やすことよりも、カップル成約率や成婚率にこだわっています。

たくさんのユーザーが登録している

ブライダルネットは、会員登録をする際は必ず本人確認書類の提出を必須にしていて、真剣に婚活を考えている会員数が、他の婚活サイトと比べて非常に高いのが特徴と言えるでしょう。

活動に関する相談やカウンセリングについても専用スタッフがしっかり対応してくれます。

これまでの一般的な結婚相談所に登録している人も、乗り換える人が後を絶ちません。

ブライダルネットの特徴
  • 週に3回、決まった曜日に独自性のある相手紹介やコンテンツを楽しめる
  • 毎週月曜日にお互いの条件が一致「条件マッチ」
  • 毎週水曜日に気持ちを橋渡し「婚シェルのお相手紹介」
  • 毎週金曜日にお互いの価値観が一致「価値観マッチ」

ブライダルネットの月額料金表

プラン名 支払額 1ヶ月当たり

○1ヶ月 3,980円
○3ヶ月 9,480円 月々3,160円
○6ヶ月 14,850円 月々 2,475円
○12ヶ月 23,400円 月々 1,950円

まとめ

アプリを使った婚活で主夫になる方法としては

  1. 家事全般を行う
  2. 子供の世話
  3. 奥さんの愚痴
  4. 各種の手続き
  5. 料理について
  6. 息抜き
  7. 時間管理

以上のようなものが挙げられます。

専業主夫になるには色々と条件がありますが、紹介したマッチングアプリ「ブライダルネット」を有効活用するのもいいと思います。