コラム

パパ活は犯罪に気を付けよう!実際にあったトラブルを参考に対策を始めよう

若い女性の間でひそかにブームになっているパパ活、年上男性と楽しく過ごしてお小遣いをもらえるという、メリットづくしの活動です。そんなパパ活ですが、恐ろしい犯罪に関わってくるケースもあります。パパ活と関係する法律もあり、処罰の対象となる可能性もあるため、利用するにあたっては細かい注意が必要です。ここでは、パパ活で起こりうる犯罪の特徴や実際にあった事例を参考に、対策をご紹介します。

パパ活、どんな犯罪が起こる可能性があるの?

パパ活では、どのような犯罪が起きる可能性があるのでしょうか?ここでは、起こる可能性がある犯罪について、順に解説します。

未成年が巻き込まれる売春

パパ活は、マッチングアプリや出会い系サイトなどを通じて実際に会うという流れが多いです。未成年の利用が禁止されているアプリが多い中、18歳を過ぎると利用できるアプリもあります。また、LINEの掲示板などを使って、個人的にパパ活をしている中学生や高校生もいるほどです。

未成年がパパ活をして身体の関係を求められた場合、これは「売春防止法」という法律に引っかかります。パパだけが違法となるのではなく、女性側も違法の対象となるため気をつけましょう。その他、パパ活しているのが親や友人にバレやすくなり、殺人事件などの恐ろしい事件に巻き込まれるリスクが高まります。様々なリスクや犯罪が潜んでいるため、未成年でのパパ活は避けると安心です。

パパが被害に遭う美人局

パパ活では、女性側に常に危険が潜んでいるだけではありません。パパ側も、犯罪に巻き込まれる可能性があるのです。パパが被害に遭いやすい犯罪に「美人局」があり、実際に女性と会ってみたら周りに男性がいて、お金などを巻き上げられるというケースが起きています。

その場で金品を要求されるだけでなく、会社や家族などにパパ活していることをばらされたり、写真を撮られて流されることもあるのです。素敵な女性との出会いを求めて利用するマッチングアプリやパパ活サイトですが、パパ側が犯罪に巻き込まれるリスクもあるということを忘れないようにしましょう。

18歳未満の場合は援助交際になる

18歳未満は、基本的にマッチングアプリや出会い系サイトに登録できません。しかし、SNSやネット上の掲示板を利用して、パパ活を始める人が増えています。もしも相手が18歳未満の場合、お金を渡して身体の関係を持った時点で援助交際になってしまいます。

この援助交際になってしまうという点についても、パパ側に注意が必要です。18歳未満だったなんて知らなかった・・・と説明しても、警察には通用しないからです。さらに、男性側は淫行条例や児童ポルノ禁止法などの法律に違反する可能性があり、処罰の対象となってしまいます。

パパとして活動したい場合には、相手の女性の年齢に関しては厳重なチェックが必要です。

税金問題も浮上してくる!

税金問題に関しては、パパからお小遣いをもらう女性側に注意が必要です。パパからもらったお小遣いが年間で110万円を超える場合、超えた分の金額が贈与税とみなされます。贈与税とみなされたら、10~55%の税金が課せられる可能性があるのです。特にここ数年はマイナンバーの関係で、お金の流れなどを監視されています。パパ活でたくさんのお小遣いをもらっている女性は、高い税金を課せられる可能性もあるため気をつけましょう。

おとり捜査にも要注意!

日本では一般的に禁じられているおとり捜査ですが、パパ活の世界に関しては仕方ないとみなされることが多いです。おとり捜査によって連行された女性は、未成年の場合補導の対象となります。一方、パパ側は淫行などで検挙される可能性があるため注意しましょう。

どこで誰に見られているかわからないということを念頭に、清き関係を保っておきたいですね。

パパが家庭を持っていると不貞行為になる

パパが結婚して家庭を持っている場合、不貞行為や不法行為といった部分に抵触する可能性が出てきます。肉体関係を持つ不貞行為は、離婚の原因にもなってしまいます。妻側は、不貞行為以外に不法行為でも訴えることが可能なため、パパ活を行なう女性は注意しましょう。不法行為の場合は、損害賠償の対象になることもあるため、女性にとっては大きな負担となります。

パパ活をするときは、お相手のパパが妻子持ちかどうか確認しておくことも重要ですね。

パパ活は法律とも関係がある!

パパ活にまつわる犯罪は、身近にたくさん潜んでいることがわかります。お小遣い欲しさに多くの女性が始めているパパ活ですが、活動する際には細心の注意が必要です。ここでは、上記で紹介した中に登場した法律について、詳しく解説します。

児童売春

最近耳にすることが多くなった児童売春、18歳未満となる相手に金銭や身体の関係を求め、行為に至った場合に該当する法律です。わいせつな行為と表されることが多いですが、これは身体の関係を持つだけでなく、身体を触った時点でも当てはまります。

児童売春で起訴され有罪となると、「5年以下の懲役又は300万円以下の罰金」が科せられてしまうのです。児童売春によって検挙されてしまわないよう、相手の年齢はしっかりと確認しておく必要があります。特に中学生や高校生でもパパ活を始める人が増えているため、男性側は常に警戒しながらやりとりを行なう必要があるでしょう。

淫行条例違反

都道府県ごとに制定されている「淫行条例」は、青少年に対するわいせつな行為を禁止するという内容の法律です。児童売春と一緒では?と思ってしまいますが、細かい部分で違いがあります。細かい定めがないまま、または相手が18歳未満であると知らなかった場合にも違反の対象となるのです。児童売春よりも、範囲が広くなるというイメージになります。

都道府県によって淫行条例違反による処罰内容は異なるため、自身が住んでいる地域で確認しておきましょう。

詐欺罪

素敵なパパを見つけて定期的にお小遣いをもらいたいといった理想を抱いている女性にとっては、詐欺罪に注意しましょう。パパの厚意によってお小遣いをもらう場合は問題ありませんが、お小遣い欲しさに女性側が催促する形になると注意が必要です。

たとえば、以下のようなケースは詐欺罪で訴えられる可能性があります。

 

・本当は借金がないのに、多くの借金を返済していかないといけないと言う

・親が病気でお金が必要とせがむ(実際は親が元気なのに)

 

上記のようなケースは、数え切れないほど存在するでしょう。今のお小遣いよりたくさんもらいたいときに使える手段ですが、立派な詐欺罪となるため危険です。詐欺罪にならないよう、日頃からパパと良好な関係を保っておくと良いでしょう。

実際にあった、パパ活に関するトラブル一覧

パパ活は、男性側と女性側の両方において、それぞれさまざまな犯罪が潜んでいることがわかります。法律に触れるような事例もあり、思いもよらぬ方向へ進展していくこともあります。ここでは、実際にあったパパ活に関するトラブルをご紹介しましょう。

複数人のパパと付き合っていたので贈与税が課せられた

パパ活に慣れてきた頃、3人のパパと食事やデートを楽しんでいました。会う度にお小遣いをくれるので、毎月パパ活だけで20万円ほどの収入がありました。学生の身としては嬉しいばかりで、パパ活にやみつきになっている自分もいるほどでした。

そんなある日、税金に関する手紙が届き、贈与税を支払うように記載されていました。なんで贈与税?と全く見当がつかずパパに相談してみたところ、年間の収入が110万円を超えているからだとわかりました。

贈与税を支払うことになるなんて思ってもみなかったので、今ではパパの秘書という形でお小遣いをもらっています。(20代女性)

やり取りをしていた女性が実は高校生だった

LINEの掲示板で知り合った女性と、初めて会うことになりました。実際に会って意気投合し、これからも定期的に会いたいなと思える女性でした。相手の女性は女子大生だというので、それを信じ付き合っていました。

しかし、ある日カフェで女性とお茶をしていたら、女性の友人らしき子たちとばったり遭遇。見ると、友人たちは制服を着た女子高生でした。

女性に尋ねてみたところ、学生証もしっかり持っており、高校生だとわかりました。初めて会ったときに女子高生だということがわかり、金銭のやり取りや身体の関係を持っていたわけでもないため、事なきをえました。法律に触れる可能性もあると思うと、パパ活や出会い系サイトは恐ろしいなと感じました。(30代男性)

女性側が詐欺罪に

パパ活サイトで女性と知り合い、週に何度か会うようになりました。食事をすることが多く、お互いの話をしながら、帰り際に女性に数万円を渡していました。あるとき、いつものように食事をしていたら、女性が深刻な表情に。

どうしたのか尋ねると、両親の借金を肩代わりすることになったけれどとても払いきれないとのこと。金額は100万円だと聞いて、女性に渡そうと決めました。しかし、その後、女性に借金がなかったことを知り、詐欺に合ったことがわかりました。お小遣いが欲しいという気持ちもわかりますが、詐欺罪という法律にかかるような事態は起こすべきではないと思いました。女性には、しっかり改心してもらいたいと思っています。(40代男性)

パパ活で犯罪に巻き込まれないためにできる対策とは

パパ活では、年齢や行ないなどによってさまざまな法律に触れる可能性があります。パパ活で犯罪に巻き込まれないために、日頃から対策を取っておきましょう。

年齢確認ができている相手かどうか確かめよう

相手の女性が18歳未満だった、未成年だったというケースが多発しています。そこで、相手がきちんと年齢確認をした上でサイトに登録しているのかを、しっかり確認しましょう。多くのマッチングアプリやパパ活サイトは、年齢確認を済ませないと利用できないようになっています。それでも未成年の利用者が増えているため、利用する側は細心の注意を払いましょう。

実際に会うことになった場合にも、未成年ではないかどうか、会話をしていく上で確認しておくことをおすすめします。会社員ならどこの会社なのかをしっかり把握しておき、実在する会社かどうかも調べておくと安心です。こっそり調べているようで気が引けるという人も多いかもしれませんが、犯罪になる前に確認することが大切です。

税金に関する知識を得ておこう

パパ活は、パパと自分との間でしか金銭のやり取りがわからないから安心と思っている人は、贈与税が発生する可能性についても知っておきましょう。定期的にお小遣いをもらって楽しく過ごすはずが、贈与税がたくさん課せられてしまい困ったというケースもあります。

税金に関する知識を得た上で、範囲を決めてパパ活を行ないましょう。パパに税金のことを相談してみるのも、一つの手です。パパの中には経営者も多いため、税金に関するアドバイスをくれる可能性もあります。

適度にお小遣いを得ながら楽しむはずのパパ活で、思いもよらぬ贈与税が発生しないようにしたいですね。

お互いに清きお付き合いを

一般的に、パパ活で身体の関係を持つことはありません。しかし、見えないところでは肉体関係を持っているパパと女性もいるでしょう。パパ活による犯罪を防ぐためには、お互いに清きお付き合いをすることが大切です。身体の関係をナシにしてパパと付き合うようにすると、より安心して続けられます。

食事やお茶、買い物や映画などを楽しむ程度に留めておくと、犯罪や法律に触れる心配はないでしょう。一歩先に踏み込む前に、安全なラインで止めておくと安心です。お互いの社会的立場が危うくならないよう、節度を守ってお付き合いするようにしましょう。

パパ活の犯罪リスクはすぐそこにも!安全かつ正しく行なうことが大切

パパ活では、ちょっとしたことが法に触れて大きな事態へと発展する可能性があります。お互いが楽しく過ごせるように、年齢確認やお互いの関係をきちんと確認しておきましょう。

法律や犯罪の事例などを参考に、安全かつ正しくパパ活を行なうことが大切です。男性側と女性側の両方に、さまざまなリスクがあります。信頼できるサイトに登録する、実際に会う中で相手のことをきちんと確認していくといった点を意識しながら、利用しましょう。