コラム

パパ活をTwitter(ツイッター)で行う危険性について知っておこう!

多くの若い女性の間で始める人が増えているパパ活、一般的な流れではマッチングアプリや出会い系サイトを通じて知り合うケースが多いです。しかし最近では、インスタ(instagram)やツイッター(twitter)などのSNSを利用して、個人的にパパ活を始める女性も増えています。SNSでのパパ活には危険が伴い、事件が起きても自己責任となってしまいます。今回は、ツイッターでパパ活を行なう危険性について考えてみましょう。

ツイッターでパパ活と検索すると、こんなにも投稿が!

多くの人が登録し、日々のことを綴っているツイッター、個人でパパ活を始める人も急増中です。ツイッターでパパ活と検索すると、日々たくさんの投稿がされていることもわかります。どんな投稿があるのか、一部をご紹介しましょう。

パパから素敵な誕生日プレゼントゲット!

こちらの女性は、誕生日プレゼントにパパからブランドの財布をもらったことを紹介しています。可愛い財布を選んでくれて一目惚れしたと記載されており、お金持ちのパパがプレゼントしてくれたのがわかりますね。

積極的にパパ活を行なっている女性のようで、身体の関係なしでコツコツと貯金をしていると書いてあります。

自らパパ活していることを公表&宣伝

自らパパ活していることを公表し、お手当についても詳しく設定してあります。パパに求める条件も記載されており、自分の身を守るための項目も書かれています。この女性は身体の関係も含めて、金額を提示していますね。マッチングアプリなどを利用せずに、ツイッターを利用してパパ活をしている女性でしょう。

高校生などの未成年もツイッターでパパ活をしている

※表示されていないのは、利用規約違反でアカウントが凍結したようです。

一般的に、マッチングアプリアプリや出会い系サイトは、未成年または18歳未満の利用が禁止されています。そんな中、お小遣いが欲しいと思っている女子高生は、ツイッターを使ってパパ活を始めています。その一例が、以下の投稿です。年齢をみると16歳と書いてあり、パパに求める条件、NG行為などを記載しています

気軽に登録できるツイッターは、高校生などの間でパパ活を行なうために利用されているケースが多いのです。

女子高生2人でパパ活中!?

※表示されていないのは、利用規約違反でアカウントが凍結したようです。

こちらは、女子高生が2人組でパパ活をしているという内容の投稿です。欲しいお小遣いの額や、NG行為、いつ会いたいかなどが記載されています。パパと知り合う手段として、ツイッターを利用しているのがわかりますね。

 

パパ活に関する投稿を見ていると、自分を守るためNG行為や注意点などをきちんと記載している人がいる反面、投稿しているのが高校生といったものも多くあります。各自でパパ活していることを宣伝し、素敵なパパをゲットしようとしているのもわかりますね。

気軽にできるツイッターでのパパ活ですが、実際に会うまではどんなパパが断定できません。大きなトラブルや事件に発展する可能性も高く、パパ活を始めるならやはりマッチングアプリなどを通して行なうのがベストです。

次の項目で、ツイッターでパパ活を行なう危険性についてご紹介します。

ツイッターでパパ活を行なう危険性について

気軽にパパを募集できるツイッター、年齢問わず多くの人が活動している様子が見られます。その分危険もたくさん潜んでおり、実際にパパと会う中でどんなトラブルが起きるかも想定できません。そこで、ここではツイッターでパパ活を行なう危険性について、考えてみましょう。

良いパパになりすますことができる

ツイッターでパパを募集し、男性からコンタクトがあったとします。女性が望んでいるパパはお金持ちで優しく、食事をご馳走してくれるといった点なので、これを利用して良いパパになりすましている可能性があります。

職業や年収、いくらぐらいのお小遣いを渡せるかなどをツイッター上でやり取りしたとしても、実際に会ってみたら普通のサラリーマンだった、身体目的だったというケースがあるのです。直接顔を合わせていないため、ツイッター上ではどんな人にもなりすますことができてしまいます。ツイッターの文面だけでどんなパパかを判断するのは難しく、実際に会うまで素性はわかりません。

あまりに優しすぎる、お手当が良すぎるといった場合は、直接会うのをやめた方が安心でしょう。どんな人も良いパパになりきることができるため、本当に優しくて素敵なパパを見つけるのはとても難しいです。

誰でも簡単にアカウントが作成できるため要注意!

ツイッターのパパ活に関する投稿を見ているとわかるように、未成年でも登録して利用しています。ツイッターは、誰でも簡単にアカウントの作成ができるため、パパ活を行なうのは非常に危険です。

良いパパになりすましているだけでなく、悪質な業者が絡んでくる可能性もあります。どんな人が登録しているかわからないため、ツイッター上で簡単にパパを募集するのはやめておきましょう。

思いがけず男性側から連絡が来ることも多いですが、相手がどんな人なのかは想像がつきません。実際に会うのも危険を伴います。誰でも簡単にアカウント作成ができるツイッターは、さまざまな人が登録していることを理解しておきましょう。

アカウントが凍結してしまうことがあるので気を付けよう

ツイッターで「パパ活募集」「P活」などといった言葉を記載していると、アカウントが凍結してしまうこともあります。ルールに反している投稿が見られた場合、運営側が凍結を行ない、安全かつ快適に利用してもらえるようにしているのです。

パパ活していることを不快に思う人や、言葉の表現が不適切といった場合、凍結されてしまうことがあるため気をつけましょう。ルール違反に触れる可能性があるため、ツイッターでのパパ活はおすすめできません。

個人情報が漏れ、特定されてしまう可能性がある

ツイッターでは、パパ活しているのがバレないように裏アカを作って利用している人もいます。しかし、裏アカに載せた画像から、個人を特定されてしまう恐れがあるため注意しましょう。どんな瞬間に、個人情報が漏れてしまうか想定できません。自分は気をつけていても、知らないうちに個人を特定されていたというケースもあるほどです。

住所が知られてしまう、普段行動しているエリアを特定されてしまうなどのリスクがあります。十分に気をつけていても、周りにパパ活しているのがバレてしまうかもしれないのです。パパと付き合っていく上で、個人情報は極力漏れないようにしたいです。そんな中、ツイッターからパパを募集することで、情報が漏れやすくなってしまっているのです。

 

パパ活を安全に行なうためには?

ツイッター上で行なうパパ活には、さまざまな危険が潜んでいることがわかるでしょう。より安全にパパ活を続けるためには、きちんとした手順を踏んで行なうことが大切です。ここでは、パパ活を安全に行なうためのポイントを解説します。

男性が有料会員登録しているマッチングアプリがおすすめ

ツイッターで行なうパパ活は、誰でも気軽に活動できる分、潜むリスクも多いです。常に身の危険を感じながらパパ活を行なうよりは、安心して楽しく活動する方が良いでしょう。

そこで、おすすめなのが、マッチングアプリやサイトへの登録です。ほとんどのマッチングアプリにおいて、男性は有料会員登録が必須となります。アプリによって料金には差があるものの、10,000円前後を支払うところが多いです。

ここから、アプリに登録するのは、収入がしっかりある男性と言えるでしょう。登録する際には、年収や職業を入力する欄もあります。運営側によって日々パトロールされているため、嘘の内容を書くこともできないでしょう。

パパ活を始めたいけれど何からすれば良いかわからないという人は、マッチングアプリにどんなものがあるか見てみると良いです。アプリごとの特徴を比較しながら、より安心して利用できそうなものを見つけると良いでしょう。

厳しい審査を実施しているアプリやサイトを選ぶと安心

ツイッター上での危険を伴うパパ活は避けて、マッチングアプリでの活動がおすすめです。男性が有料会員登録しているアプリは安心と紹介しましたが、それと合わせて厳しい審査が実施されているかどうかもチェックしてみましょう。

アプリによっては、顔審査や年収審査を実施しているところもあります。身分証明書だけでなく、年収証明が必要なアプリもあり、運営側によってきちんと審査されていることがわかります。厳しい審査をクリアした男性のみが登録しているため、実際に会ってみたらお金のない人だった・・・という悲しい結末を避けることができるでしょう。

厳正な審査を実施しているマッチングアプリやサイトは、より安全と言えます。トラブルや怖い思いをせずに済むよう、アプリ選びの際は審査の有無も確認しておきましょう。

個人情報がバレないように徹底しよう!

パパ活アプリやマッチングアプリなどを通してパパと知り合う場合、信頼できる人が多いです。そんな中、会う回数を重ねていく上で注意すべきことがあります。それが、個人情報の漏洩です。特定のパパと過ごす時間が多くなればなるほど、個人情報には気をつけましょう。特に、以下の内容が漏れてしまわないよう、持ち物や日々の行動には注意が必要です。

 

・本名

・住所

・学校や職場の情報

・クレジットカードの情報

・保険証や免許証

・使っているSNSのアカウントなど

・スマホの電話番号(LINEなどの情報や漏れてしまう恐れがあるため)

 

思わぬところから、個人情報が漏れてしまう可能性があります。パパと会っているときにスマホの操作をする、財布を開いたときに免許証がよく見える位置にある、SNSであったことを話す、スマホを見せるなど、どの瞬間に見られているかわかりません。

安全にパパ活を行なうため、個人情報がバレないよう細心の注意を払いましょう。

本当にあったツイッターでのパパ活体験談

気軽にパパ活ができることから若い女性の間で話題になっているツイッター、マッチングアプリなどを介していないため、何が起きるかわかりません。ここでは、本当にあったツイッターでのパパ活体験談について紹介しましょう。

最初から身体目的のパパだった

20代女性
20代女性

ツイッターで知り合ったパパと、初めて会うことになりました。待ち合わせは、繁華街にあるカフェで、他愛ない話をしながらお茶をしていました。そろそろ出ようかという話になったとき、いきなりパパに手を引かれ、気がついたらホテルに。

最初から身体目的だったことがわかり、ショックと同時に逃げ切らないとと思いました。力が強くホテルに連れ込まれそうになったとき、近くを通りがかった人が声をかけてくれて助かりました。声をかけてくれた男性はたまたま警察官だったため、パパは慌てて逃げていきました。私自身も警察官からお咎めを受け、ツイッターでのパパ活はもうしないと決めました。

今は、マッチングアプリに登録して、しっかりと年収のあるパパと定期的に食事をしています。

パパ活募集がバレてしまった

10代女性
10代女性

パパ活でもっとも注意しなければいけないのが、身バレだと自分では理解しているつもりでした。しかし、ツイッターでパパを募集したところ、あっけなく周りにバレてしまいました。同級生に知られてしまったため、白い目で見られることに。高校生なのでマッチングアプリには登録できず、ツイッターを利用しようと思ったんです。

結果的には、同級生の男子からもからかわれ、学校では肩身の狭い思いをしています。自業自得とはいえ、こんなにもあっけなくバレてしまうんだと驚きです。

今後はパパ活をするとしても20歳を過ぎてからにしようと思います。そして、周りにバレないよう、しっかり対策をしたいと思います。

ツイッターでのパパ活は危険!マッチングアプリに登録しよう

ツイッターで「パパ活」と調べると、たくさんの投稿が出てきます。ツイッターを使ってパパ活している女性が多いこと、中には未成年の人もたくさんいます。アプリを通さずに行なうツイッター上でのパパ活には、危険がいっぱいです。怖い思いをしなくて済むよう、マッチングアプリでパパを見つけてみましょう。

当サイトでは数あるパパ活アプリの中から厳選し、本当におすすめ出来るパパ活アプリやサイトを紹介しています。

パパ活アプリ比較おすすめランキング|ジャンル別本当におすすめ出来る7サイト最近、メディアやSNSでも話題になっているパパ活に興味を持ち始めていませんか? 「すぐに現金を稼げる」「無料登録」と魅力的なサービ...