コラム

パパ活の顔合わせって何?気になるお手当や注意点をチェック!

パパ活を始めるにあたって、顔合わせは必ず通過するものです。安心して顔合わせに行けるよう、会う前からのやり取りも重要です。ここでは、パパ活の顔合わせについて、基本的な流れやお手当の相場、注意点などについてご紹介します。

パパ活の顔合わせって何?

パパ活で言われる顔合わせとは、初めてパパと会うということを示します。今までメッセージでのやり取りしかしていなかった中、実際に会おうという流れになり、待ち合わせへ向かいます。いわば面接のようなもので、相手がどんな人なのかリサーチするためとも言えるでしょう。

パパ活で顔合わせに進むまでは、以下のような流れが多いです。

 

1 アプリなどを通じてメッセージの10往復ほど続ける

2 「会ってみたい」といった内容のメッセージを送ってみる

3 顔合わせの際のお手当について確認しておく(電車代で○円など)

4 前日の夜または当日の朝にメッセージを送って、いざ待ち合わせ場所に!

 

パパ活の顔合わせは、女性だけでなくパパの方も緊張しています。「どんな女の子が来るのだろう?」「一緒に食事をしながら会話を楽しみたい」などと、期待に胸をふくらませているパパも多いでしょう。

一方、パパの中には悪質業者が潜んでいる可能性もあるため、顔合わせしたときに様子がおかしいと思ったら身を引くことが大切です。

顔合わせでもらえるお手当はいくらぐらい?どんなことをするの?

パパ活の顔合わせは、お互い初対面であるため緊張するでしょう。女性にとっては、今後パパとして定期的に会えるかどうかにも関わってきます。そんな中気になるのが、顔合わせでもお手当をもらえるの?という点です。パパ活をする女性にとっては、顔合わせにおいてもお手当を期待しているものです。ここでは、お手当の相場と、お手当をゲットするためのコツを紹介しましょう。

顔合わせでもらえるお手当の相場とは?

お互いにドキドキする顔合わせ、特に女性にとっては顔合わせからお手当がもらえたらいいのに・・・と淡い期待を抱いている人が多いでしょう。顔合わせでお手当がもらえるかどうかはパパ次第、またはパパとの相性と言えます。その中で、顔合わせで渡されることの多いお手当の金額をご紹介しましょう。

顔合わせのお手当で多い金額が、5,000円です。一緒に食事をするとなると、食事代はパパが支払ってくれるため、実質5,000円以上といっても良いでしょう。いきなり数万円もお手当を用意してくれるパパは少なく、顔合わせでどんな女性なのかをチェックしています。

顔合わせでのお手当は5,000円程度と考え、素敵なパパと出会えることを祈りましょう。

コツを押さえて、顔合わせからお小遣いをゲット!

顔合わせでのお手当の相場は5,000円程度と紹介しましたが、0円だったというケースも結構多いです。そこで、コツを押さえて、顔合わせからお手当をもらいましょう。メッセージの段階で以下のように伝えておくと、顔合わせのときに用意しておいてくれます。

 

「顔合わせのとき、交通費程度をいただけると嬉しいです」

「家からの仕送りがほとんどないため、ギリギリの生活を送っている」

「資格の学校へ進むため、資金を貯めたい」

「顔合わせで5,000円いただけると助かるのですが・・・」

 

上記のような文面で、パパとメッセージをしてみましょう。本当にお金が必要なんだなと理解してもらうことができます。また、顔合わせの際に少しでもお小遣いを用意しておこうという気持ちにもなってくれるでしょう。

ちょっとしたコツを押さえておくだけでも、顔合わせのときにさっそくお手当をゲットできます。会う前からのやり取りを上手に行なって、顔合わせからお手当をもらいましょう。

パパ活の顔合わせで注意すべきこと

パパ活の顔合わせからお手当をもらいたい!と思っている女性が多い中、注意すべきこともいくつかあります。以下の注意点に気をつけながら、顔合わせに向かいましょう。

個人情報がバレないように気を付けよう

パパ活の顔合わせでもっとも注意すべきこととも言えるのが、個人情報の管理です。特に注意したいのが、バッグからスマホや財布を取り出すときです。スケジュール帳やカードケースを出す際にも気をつけましょう。

マッチングアプリやパパ活サイトには、さまざまな男性が登録しています。すべての人が優しくて、素敵なパパとは限りません。ストーカー気質の人もいれば、身体の関係を求めてくるような人である可能性もあります。このような点を想定した上で、個人情報がバレないように注意しましょう。

顔合わせの際に、バッグの中をすっきり整理しておくのもおすすめです。不要なものは置いていく、スマホにはきちんとロックをかけるなどの対策を取った上で顔合わせに向かうと安心でしょう。

最初からガツガツしない

お互い初対面となる顔合わせでは、第一印象が重要です。お金が欲しいのはもちろんですが、最初からガツガツしないように気をつけましょう。

顔合わせのとき、パパはどんな女の子なのかを見極めています。パパが応援してあげたいと思えるような女性になるために、控えめ女子になりきりましょう。

いきなりお手当の話をする、会う度に○円欲しいなどといった話は、禁物です。パパに気にいってもらえるよう、最初からガツガツいくのはやめましょう。

事前にしっかりと条件を確認しておこう

顔合わせのときに、具体的なお手当の話をするのは避けた方が無難です。お金のことばかり考えていると思われてしまっては、印象が悪いからです。それでも女性にとってはお手当がいくらもらえるのか気になるところなので、そんなときは顔合わせの前にしっかり確認しておきましょう。

顔合わせのときにどれぐらいお手当を出してもらえるのかといった点について、あらかじめメッセージで決めておくと安心です。いきなりお金のことを言い出すのは印象がよくないので、さりげなくお手当の話に進めるようにしてみましょう。

 

「顔合わせのとき、交通費程度をいただけると助かるのですが・・・」

「お手当について、どのように考えてくださっていますか?」

「顔合わせでは、○円くらいいただけると嬉しいのですが、いかがですか?」

 

相手のことを気遣いながらお手当の話を持ち出すと、パパもきちんと答えてくれるでしょう。メッセージの一文一文に気をつけながら、お手当の話を進めてみてくださいね。

パパ活の顔合わせ、成功させるポイント

パパ活での顔合わせは、女性にとっていわば第一関門とも言えるでしょう。顔合わせでパパに好印象を与えることができ、お互い気が合う、もっと一緒にいたいと思えれば、定期的に会えるようになります。そこで、以下のポイントを押さえて、顔合わせに挑みましょう。

服装は清楚系で!

顔合わせでは、パパはどんな女性が来るのか楽しみにしてくれています。ここで重要となるのが、服装やメイク、髪型といった身だしなみでしょう。パパに好印象を与えることができるのは、ずばり清楚系の服装です。以下を参考に、清楚系ファッションを考えてみてください。

 

・きれいめのワンピース(淡いピンクや黄色、白など清潔感のあるもの)

・靴はヒールのあるパンプス

・バッグはシンプルでおとなしめのものを

・髪型はアップまたはハーフアップ、下ろしてふんわり巻くのもおすすめ

・メイクはナチュラルめに(さりげなく可愛らしい雰囲気になるよう、淡いチークを入れる、リップの色をピンク色にするなど)

 

上記のポイントを押さえて服装を選ぶと、顔合わせでパパに好印象を与えられるでしょう。ちょっとおしゃれな高級レストランに連れていってもらっても安心なよう、ドレスコードに近い服装にしておくと無難です。服装を選んでいく中で、常に清潔感を心がけておくと良いでしょう。

聞き上手になろう

顔合わせでパパに素敵な女性だなと思ってもらうためには、聞き上手に徹するというのも一つのポイントです。パパは、女性を支援したいという思いと同時に、日々の疲れを癒したい、悩みを聞いてくれる人が欲しいといった思いも持っています。

そこで、顔合わせのときから、パパの話を聞く側に回りましょう。パパがどんな仕事をしているのか、休日は何をして楽しんでいるのかなどを聞きながら、相槌を打つと良いです。個人情報が漏れるのを防ぐためにも、パパの話に耳を傾けるのがおすすめです。自分の話を一生懸命聞いてくれる子に対して、好感を持たない男性はいないでしょう。相手に寄り添う気持ちで聞き上手になると、パパは次も会いたいと思ってくれます。

顔合わせは、緊張する人がほとんどです。そこで、女性の場合は聞く側に回って、パパの話を真剣に聞いてあげましょう。

次につなげるため、会話はしっかり覚えておこう

顔合わせで素敵なパパだとわかった場合、定期的に会って応援してほしいというのが本望でしょう。そこで、重要となるのが、顔合わせのときの会話をしっかり覚えておくことです。会う回数を重ねていくなかでも言えることであり、きちんと会話を覚えていることで好感度がアップします。

顔合わせの場合は、プロフィールに書いてあったこと、メッセージで話したことなどについて触れると、自然と会話が続くでしょう。パパは、きちんと会話を覚えてくれている女性のことを喜んでくれます。ちゃんとパパのことを覚えているよという意味にもなるため、次につなげることができるのです。

顔合わせを終えて帰ってきたときに、どんなことを話したのかメモしておくと安心です。次回会うときに、そのメモをチェックし、会話を盛り上げることができるでしょう。

パパ活の顔合わせにまつわる体験談

パパ活の顔合わせは、誰しもドキドキするものです。会ってみないことには、どんなパパかわかりません。そこで、ここではパパ活の顔合わせにまつわる体験談を、一部ご紹介します。実際にあった話なので、これからパパ活を始める人は参考にしてくださいね。

約束していたのにお手当なしだった

事前に顔合わせのお手当について話し合っていたにも関わらず、会ったときに「お手当なしでいい?」と言われることがあります。パパ活を始めたばかりの女性が、言われやすい一言です。

顔合わせのときに気まずい雰囲気にならないよう、事前にやり取りしたお手当についての文面をスマホに残しておくと良いでしょう。証拠としてパパに見せることで、お手当を支払ってくれる人が多いです。

きちんと約束していたのに・・・といったことが起きないよう、事前確認とスクリーンショットをしておくと安心でしょう。

ドタキャンされた!

顔合わせの約束をしていながら、前日または当日にドタキャンされたというケースも少なくありません。前日のドタキャンは、他に気になる女の子が現れた可能性が高いです。当日のドタキャンは、待ち合わせ場所に来ている女の子を遠くで見ておきながら行なわれることがあります。

マナーとしてルール違反とも言えるドタキャン、一度このようなことがあったら、相手を信頼するのは難しいでしょう。縁がなかったと考え、次のパパを探した方が良いです。

会話が続かず、次の約束もできなかった

お互い緊張している顔合わせ、会話が思うように続かないこともあります。あまりに会話が続かず、一緒にいる時間が苦痛になってしまうケースもあるのです。これでは、お互いにとって居心地の悪い空間になってしまうため、次の約束も難しいでしょう。

会ってみないことにはわからない点ですが、パパ活をしているといろいろな局面に遭遇する可能性があります。会話が続かないといった気まずさを感じたら、そのパパとは合わないのかもしれません。ひとりひとり性格が異なるため、性格の相性も違います。たまたま相性が悪かったと思い、次のパパ活に踏み出すと良いでしょう。

 

パパ活の顔合わせは慎重に!

パパ活の顔合わせは、誰にとっても緊張する時間です。どんなパパが来るかドキドキしますし、パパ側もどんな女の子がやってくるのだろうと緊張しているでしょう。実際に会うことでパパについて知ることができ、その中でお手当に関するトラブルや注意点が起きるのも事実です。

少しでも快適かつ順調に顔合わせが進むよう、お手当については事前に取り決めておきましょう。当日の服装や態度に気をつけながら、顔合わせを成功させてくださいね。